2007年12月23日

『仮面ライダー電王』第46話「今明かす愛と理(ことわり)」

22日(土)
昨日は弟夫妻が遊びにきた。
本当のクリスマスの日はすでに予定があるらしく、昨日は前倒しでクリスマスパーティを開きました。
我が家でもケーキは買ってましたがそれはクリスマスまで御預けで、昨日は弟が買ってきたケーキを家族で食べました。
ごちそぉーさん!!



23日(日)
電王のあらすじと感想を…

『仮面ライダー電王』第46話「今明かす愛と理(ことわり)」

あれ?!オープニングが…。

過去の世界が崩壊して湖で消えた愛理さんも、現在の世界では良太郎の記憶のおかげで存在します。
崩壊した世界が再生したのは、良太郎の記憶が過去の影響を受けない特異点の記憶だったからですが、これも必ずしも絶対ではなく同じく特異点であるハナさんがいた世界は存在しません。

カイは過去を変えても自分たちの時間につながらないため、良太郎の抜けた記憶について調べます。

良太郎は自分で注文した懐中時計について考えますが、なぜ8月に届くように頼んだのかわかりません。

カイとアルビノレオイマジンが、良太郎のまえに現れて、カイが良太郎の身体の中に腕を突っ込み、そして記憶を探ります。
いままで分岐点の鍵と思われた桜井さんがじつは囮で、本当の分岐点の鍵は良太郎の姉、愛理さんだと明かされます。

アルビノレオイマジンが愛理さんを狙って過去へ飛んだため、良太郎と侑斗もあとを追います。
良太郎、侑斗が電王ライナーフォーム、ゼロノスゼロフォームに変身してアルビノレオイマジンに戦いを挑み、桜井さんが変身したゼロノスも参戦して、最後は電王ライナーフォームの電車斬りでアルビノレオイマジンを撃破します。

戦いを終えてデンライナーに戻った良太郎たちのまえに愛理さんが現れます。
愛理さんは全てを知っていて…
かつて桜井さんと愛理さんのまえにゼロライナーが現れて、桜井さんが消えた未来を自分たちの時間につなげることを決意したと話します。
愛理さんは「いつか未来が守られたときそこにきっと…(再生する)」と言葉を残して、消滅間近の世界、桜井さんが待つ湖畔でデンライナーを下ります。

アルビノレオイマジンを倒されたカイは最悪な気分を味わい、怒りに任せて大量のモールイマジンたちを出現させた。


今週の感想は…
野上良太郎の電王ライナーフォーム、桜井(侑斗)さんのゼロノス、(桜井)侑斗のゼロノスゼロフォームが勢ぞろいして共闘したことにびっくりっ!!
ハナさん(白鳥百合子)さんは回想にのみ…(´;ω;`)
デネブは契約者を乗り換えたンだねぇ〜。


posted by ひかわなる at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8705167

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録