2007年12月16日

『仮面ライダー電王』第45話「甦る空白の一日」

静かな湖畔の森の陰から…

今週の電王は話が大きく進展して、いよいよ桜井侑斗が失踪した日の謎が?!

ミルクディッパーでクリスマスツリーの飾り付けをしてる良太郎のもとへ…
差出人は良太郎だけど、良太郎本人はまったく記憶にない謎の懐中時計が宅急便で届きます。
良太郎は謎を解くため、まえに良太郎が愛理さんと二人で桜井さんへのプレゼントに懐中時計を買った時計屋へで行きます。
時計屋の店主の話では、良太郎が一人で買いに来て、八月に届くように予約したそうですが、記憶が抜けて思い出せません。
良太郎はコハナにチケットなしで過去へ行けないか訊ねますが、規則に厳しいオーナーを説得するのは難しそうです。
良太郎は侑斗にゼロライナーで行けないか相談しますが、なにかを隠してる侑斗は申し出を断ります。
スノーイマジンは時計屋の店主にとり憑き、店主の願いである店の在庫を減らすため、街中で在庫の時計をばら撒きます。
願いを叶えたスノーイマジンは、現場にかけつけた電王ソードフォームの攻撃をかわして、過去へ飛びます。
ソードフォームも過去へ行こうとしますが、なんと過去の日付が桜井さんの失踪した日!!
侑斗が良太郎を行かせまいと止めに入りますが、良太郎はデンライナーに乗り込みます。
過去に来た良太郎はライナーフォームに変身すると、さっさとスノーイマジンを片付けて、侑斗が失踪した湖畔へ向かいます。
そこで見たものはゼロノスと三体のレオオソルジャーとの戦い…。
レオソルジャーに敗れたゼロノスは変身が解けますが、なんと変身してたのは桜井さんでした!!
カイが空を開いて出来た穴から大きなエネルギー塊が放たれて、その衝撃波で世界がすべて消滅?!
湖にいた愛理さんが「未来はきっと…」という意味深な言葉を残して消えていきました…。



感想ですが…
相変わらずデンライナーの4タロスたちのコントは面白いです。
モモタロスやキンタロスの白髭や、リュウタロスの願い事(モモタロスのあたまがよくなりますように)…。

スノーイマジンのデザインは最近の敵方イマジンの中では好感が持てます。
クリスマス近いなぁー。

posted by ひかわなる at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8372776

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録