2007年09月06日

武勇伝9

『相談役かよ』
○林堂書店M店で働いてたころ、バイトのひぐちゃんに相談があると言われ、お店の営業終わった後、他のスタッフを帰して、二人だけで話をした。
内容は店長のゴウくんにデートに誘われて返事に困ってるということだ。
私は、前にゴウくんから「好きなヒトできたンだけど、どうしたらイイ?」と聞かれ、好きな相手が誰かも知らないのに、適当にデートに誘ったらとアドバイスしたことを思い出した( ´Д`)
ひぐちゃんにはそのことは伏せて、私は「ずばりイヤなら断るべきだよ!!」と言った(=・ω・)ノ
するとひぐちゃんは「デートを断ったら、この店で働き辛くなりませんか?」と答えた(*゜▽゜)/
たしかにそうだが、私は「できるかぎり私も助けるから、自分の気持ちを正直に伝えたほうがイイ!!」と言った(=・ω・)ノ
時間も遅くなり、その日はひぐちゃんを(チャリで)家まで送った。

数日後、ひぐちゃんは結局デートをしたらしく、今度は「ゴウくんからアクセサリーを受け取って、どうしようか困ってます!!」と相談してきた(*゜▽゜)/
私は欲しくないものを、なぜ受け取ったのか疑問だったので、ひぐちゃんに聞いた(=・ω・)ノ
最初、ひぐちゃんは「要らない!!」って、受け取るのを拒否したそうだ。
しかしゴウくんが一歩も引かず、「要らないならその辺に捨てて良いから…」と強引に持たせたため、ひぐちゃんは捨てられず持ち帰ったのだ。
私は「そのアクセサリーは返すべきだ。ゴウくんが要らないと言ったら、事務所のゴウくんの机の上にアクセサリーを置いて帰ればイイ。それでヤバくなれば、私が助けるよ。」と言った(=・ω・)ノ

明くる日、ひぐちゃんはゴウくんに付き合う意志がないことを伝えて、アクセサリーを返した。
ひぐちゃんは「この仕事が好きで辞めたくないから、ゴウくん絡みで何かあったら、また相談にノって下さいね♪」と私にお願いした(*゜▽゜)/
いつでも相談にノるつもりだったが、私の異動が急に決まり一週間後に他店に飛ばされた。
私は不安を残したまま異動したが、ゴウくんはあきらめたらしく、ひぐちゃんも無事に仕事を続けられたので安心した。

私は他店に異動後、ひぐちゃんからお礼がしたいと連絡が入り、二人で食事と映画を観に行った( ̄▽ ̄)


『ポプラの鬼(き)の下で』
私がバイトしてたポ○ラ(コンビニエンスストア)は、なぜかヤンキーのスタッフばかり。
私は異色の存在だったらしいが、なぜかすぐに馴染んだ( ̄▽ ̄)
バイトの半数は中卒、高校中退組で、喫煙率は私を除けばほぼ百パーセント、服装、髪型も自由( ´ー`)y―┛~~
この店では内部不正が度々発生し、私と仲良かった夜勤の男もレジのお金を横領してクビになった( ´Д`)

アルバイトリーダーのくわちゃんは、バツイチの元ヤンママで、新しい彼氏と同棲している。
ある日、くわちゃんの彼氏が鹿児島県警に逮捕されたΣ(∀ ̄;ノ)
薬(ヤク)の売買で仲介を行った容疑だ(=・ω・)ノ
くわちゃんの彼氏はホテルのシェフだが、過去には数々の武勇伝で逮捕暦もあるコワイひとだ(=・ω・)ノ
くわちゃんは彼氏に会いたくて、鹿児島県警へ行ったが、取り調べ中のため面会を断られた(´;ω;`)

私は鹿児島から帰ってきたくわちゃんから詳しい話を聞いた(=・ω・)ノ
彼氏はホテルの客から(ヤク)の売買を誘われて無理と断ったが、さらに友達を紹介してほしいと言われ、仕方なく鹿児島に住むムショ時代の友達を紹介したそうだ(=・ω・)ノ

彼氏はホテルを解雇され、くわちゃんは仕事場に置いてた彼氏の荷物を取りに行った。
くわちゃんは、彼氏のロッカーから一枚の女性の写真を発見したΣ(∀ ̄;ノ)
くわちゃんは、彼氏の同僚に写真の女性が誰なのか問い質したo(・_・= ・_・)o
彼氏は仕事と称して度々韓国へ行ってはカジノや風俗通いで、女性とはそのとき知り合ったことが発覚した( ̄、 ̄)
くわちゃんの表情が強張り、これまで悲しそうにしてた姿とは、あきらかに変貌した(((( ;゜Д゜)))

私は「くわちゃんを元気づける会」と称して、くわちゃんのマンションで飲み会を開いた(*゜▽゜)/
私とバイト数人で遊びに行って夜中の三時まで盛り上がったが、いきなりホスト風の男がやってきて、私たちは部屋を追い出された( ̄〜 ̄)
ホスト風の男はくわちゃんが落ち込んでないか心配してきたそうだが、あとでくわちゃんに聞いた話だと、下心見え見えのスケベ野郎と言ってた(°∀°)

くわちゃんはバイトを辞めて、いまの生活を維持するためクラブで働き始めた。
彼氏がシャバに出るまで待つと言ってたが、その後どうなったかは定かではない( ̄〜 ̄)
posted by ひかわなる at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5336017

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録