2007年09月05日

武勇伝8

『床屋のムスメ』
○林堂書店M店で働いてたころ、お客の女子中学生三人組と仲良くなって仕事中によく喋ってた(*゜▽゜)/
その中でもとくに目立った存在、こずちん(♀)とは日記の交換してたので、店長のゴウ(♂)くんから私はロリ(死語)扱いされた( ̄〜 ̄)

○林堂書店を辞めて数年後、久しぶり客として○林堂書店M店に訪れたら、大きくなったこずちんと偶然の再会ヾ(>▽<)o
私がTSUTAYAのK店で働いてることを伝えたら、遊びにきてくれたヾ(>▽<)o
また仲良くなったのだが、TSUTAYAのK店が店じまいしてからは会ってない。
こずちんは、元気にしてるだろうか?
こずちんの親父さんは床屋さんで、髪切りに来いと言ってたから、一度行ってもいいが、こずちん昼間から家に居ないだろうから無駄にお金は使いたくない。( ̄〜 ̄)

『京都弁』
○林堂書店M店で働いてたころ、私は新人で入ったバイトのユメリ(♀)さんと仲良くなったヾ(>▽<)o
舞妓さんのようなゆったりした喋りで、会話をしてると、私は全身の力が抜けてフヌケ状態になった(;-・。・-;)
ユメリさんの話では私は非常に外見も性格も(ユメリさんの)お兄さんに似ていて話しやすかったらしい(*゜▽゜)/
会話の中で「お兄ちゃんみたい♪」、「お兄ちゃんだぁ〜♪」と度々言われて、そのたびにドキドキしたo(* ̄o ̄)o
店長のゴウくんも応援してくれて、色々と遊びに企画を立ててくれた(*゜▽゜)/
結局、私はお兄ちゃん代わりで、それ以上の発展はなかったが、その後、ユメリさんから届いた手紙によると、結婚して幸せに暮らしてるらしいヾ(>▽<)o

『人事異動』
○林堂書店M店のミーティング、冗談で「雨の日のチャリ通勤がキツイです」と言ったら、なぜか社員のアメリ(♀)さんが、家が近所という理由で、雨晴れ関係なく、車で送迎してくれるようになった。
アメリさんの送迎は数か月続いたが、私が新人で入ったバイトのユメリさんと仲良くなったら、急に車送迎が無くなり、アメリさんのユメリさんいぢめが始まった。
事態を重くみて店長のゴウくんが、アメリさんと話し合いをしたが、いぢめは改善されず、いぢめを理由にユメリさんが辞めた(´・ω・`)
この件は会社で上のヒトにも伝わっていて、私は他の店舗に異動し、アメリさんは自主退職した(´・ω・`)
posted by ひかわなる at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5333075

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録