2007年07月15日

『仮面ライダー電王』第24話「グッバイ王子のララバイ」

「グッバイ王子のララバイ」

本日のゲストは取調べの刑事に、並木史朗と山中崇史が出演されてます。並木さんは紹介するまでもなく、ベテランの俳優さんです。山中崇史は『相棒』で捜査第一課・芹沢慶二役を演じてます。

先週の放送で、誘拐犯と間違われて捕まった良太郎が刑事の取調べ受けます。質問攻めされて困ってる良太郎に、モモタロス、ウラタロス、キンタロスが交代でとり憑いて、取調べに応じますが、すっかりイマジン良太郎のペースになり、刑事たちが翻弄されます。刑事2人と供述調書を書いてた方お疲れ様です。

ハナは侑斗から誘拐犯の話を聞いて、ジーク・イマジンに犯人を捕まえに行こうと誘いますが、自称プリンスのジークは動きません。怒りモードに達したハナがジークをブン殴ると、さすがに反省しますが、ハナの鉄拳を「愛の一撃」と思ったのでしょうか?ハナを「姫」と抱きしめようとして、さらに強烈な一撃を食らいダウンをします。

ジークは赤ん坊を通して栞に良太郎は無実だと伝えて、良太郎は無罪放免で釈放されます。栞からのお礼とお詫びを兼ねて、良太郎は鷹山家に招かれます。美味しいところはジークが良太郎に憑依して、豪華な料理と、豪華な寝室を提供されます。

そんなジーク良太郎の身体に異変が起こります。赤ん坊には、すでにジークの記憶は残ってません。契約者の記憶で実体化されたイマジンは、記憶が消えると実体も消失します。

誘拐犯と契約したスコーピオン・イマジンが、今度は栞を連れ去ろうとしますが、瀕死のジークが良太郎と電王ウィング・フォームに変身して立ちはだかります。しかし足止めすら適わず、スコーピオンは誘拐犯との契約を完了して、過去に飛びます。良太郎も過去に飛び、電王のロッドフォーム、アックスフォームでスコーピオンを倒します。

実体の消失間近のジークに、帰還した良太郎がジークのカードを持ってきて、ジークが栞と契約してたことを伝えます。栞との契約は、赤ちゃんが無事に生まることで、すでに契約完了してます。あとは過去に飛べば、契約者との関係も切れて身体の消失しなくてすみます。

デンライナーで無事にジークを過去へ送り届けて、良太郎、ハナたちとお別れします。



ジーク・イマジンと電王のウィング・フォームは劇場版限定と告知しながら、TVにも登場しました。映画の宣伝も兼ねてでしょうか?TVでは活躍できなかったので、劇場版に期待します。
イマジンも人間と同じで良いイマジン、悪いイマジン、色んなイマジンがいます。人間と違うのは悪いイマジンは、仮面ライダー(電王、ゼロノス)に倒されます。

posted by ひかわなる at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 仮面ライダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4712448

この記事へのトラックバック

電王 第24話 「グッバイ王子のララバイ」
Excerpt:  ジーク編後半で映画リンク話第2話です。 今週はジーク編のまとめ方に俺が泣いた! (いい意味で) 以下気になる部分をピックアップ ・取調室 何か考えがあって、捕まったのかと思った..
Weblog: 駄文とか駄文とか駄文とか
Tracked: 2007-07-16 07:32
LuxuryMail マクロミルへ登録