2009年03月15日

高橋名人 連射でスイカ割り

伝説の16連射、高橋名人って、神のような存在だったなぁー。
でもあこがれの大人ってタイヘンだなぁー。
会社から「ピンク街を歩くな」と言われたらしいけど、たしかに子供の手本にならないといけないから、スキャンダルはご法度。
特撮ヒーローモノで有名な俳優の宮内洋も「立ちションしない」、「子供の見てるまえでタバコ吸わない」とか心がけてたみたいで、子供の模範になるよう努力してるンだなぁーと思った。

チャンピオンシップロードランナー
前作「ロードランナー」よりさきにプレイして難易度の高さに途中で断念した。
金塊を回収するだけのシンプルなゲームだが、非常に奥が深い。
主人公はレーザーガン持ってるのに床掘り用に使うだけで、ロボットに撃たないから、ロボットは穴に落とさない限り無敵なんだ。
全50面で1〜10面までは面セレクトで好きな面を遊べるが、11面以降はクリアしてパスワードを手に入れないと先へ進めない。
当時、すべてのパスワードを書いてコンテストに送るとハドソンの審査委員会よりチャンピオンカードが貰えたンだけど、復活してくれないかな〜。

ボンバーマン
ボンバーマンの姿が、あのロードランナーの敵だったロボットだったから感動したよ。
パスワードの順番を変えると、爆弾の火力や数が増したり、裏面に逝けたり、色々と楽しませてくれた。
好きな敵キャラはパース(阪神タイガースのバースが由来?)
ボンバーマンビーダマンのアニメも放送されてたね〜。

スターソルジャー
縦スクロールシューティングゲームの最高峰じゃないかな。
高橋名人と毛利名人が激突したゲーム。
ファミコンでスカッとするゲームを挙げろと言われたらこの作品を挙げるかな。
最近はシューティングゲーム自体しなくなったなぁー。

桃太郎伝説
女風呂に感動しますた〜♪
敵キャラの天の邪鬼のモデルはジャンプ編集者の鳥嶋和彦(現・集英社取締役)。
トリシマがモデルだから当然だけど「Dr.スランプ」のDr.マシリトとも似てる。

その他
上記以外でプレイしたハドソンのゲームは…
「迷宮組曲」、「バンゲリングベイ」、「チャレンジャー」、「高橋名人の冒険島」、「スターフォース」、「忍者ハットリくん」、「桃太郎電鉄」、「ロードランナー」。
知らないヒトいないんじゃないかという位、どの作品も有名ですね〜。

posted by ひかわなる at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27606532

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録