2009年02月21日

必殺仕事人2009 第6話「夫殺し」

今回、ライブマンのイエローライオンこと西村和彦ゲストということで楽しみにしてました。
感想ですが、新旧必殺シリーズの中でもかなり出来が良く好きな話ですね。

寺社役付き同心、伊勢崎藤五郎(西村和彦)が病の妻、初枝(田中美里)のために悪に手を染めてしまう悲しい話。

ネタバレだけどざっとあらすじ書くと…
病を治す陰陽師の百瀬清水(篠井英介)と医者の隆玄(岩崎ひろし)が組んで、病人やその身内を騙す霊感商法をしてた。
インチキだから騙されてたヒトたちが苦情や奉行所に訴えようとするわけだけど、藤五郎が初枝の薬のため陰陽師に雇われて、そのヒトたちを斬っちゃう。
渡辺小五郎(東山紀之)が、初枝の自分のために生き地獄におちた夫を楽させたい、一緒に三途の川を渡りたいという願いを受けて、(夫殺しの)仕事をする。
同日、初枝も病気で亡くなる。

必殺仕事人2009は悪人側の心の部分も描いてて面白いっ!!





posted by ひかわなる at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26997074

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録