2008年04月14日

『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』

『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』

ネタバレだから、未見は注意!!


デンライナー署出動だぁー!!
バイクに乗って現れたモモタロス良太郎は銀行強盗の逃走車を追跡、片手でショットガンをぶっ放す。
車内から出てきたのはピンクラビットイマジンとホースファンガイア。
良太郎たちはファンガイアの存在も認識してるようで、イマジンもファンガイアもささっと片付ける。

デカ長(オーナー)がデンライナー署を立ち上げたきっかけは、イマジンに盗まれたライダーパスのスペアを取り返すため。
デンライナー署の良太郎、コハナ、モモ、ウラ、キン、リュウタロスが捜査を開始。
警視庁からは鈴木刑事が派遣されて捜査に協力。
この鈴木という刑事だが、モモたちイマジンにビクビクして、なんとも頼りない感じだ。

良太郎と鈴木刑事は聞き込み捜査で、悪の組織への街頭勧誘が行われてることを知る。
勧誘の現場を押さえるはずが、リュウタロスが憑依した良太郎が、街中を歩いてた人相が悪いだけで事件と無関係なヒトたちを片っ端に逮捕したため、デンライナー署内が被疑者でいまにも溢れそうな状況になる。
良太郎の様子を見にきた愛理さん、尾崎、三浦も加わり、署内は騒がしくなるが、デカ長が皆の注目を集め黙らせる。

良太郎と鈴木刑事は、不審な行動をしてた渡と静香に職務質問。
モモタロスが良太郎に憑依するが威圧的なンで、ウラタロスがすぐに交代。
ウラタロス良太郎が静香にナンパな質問をするため、モモタロスが渡に憑依して、すったもんだの末…。
良太郎と鈴木刑事は、渡からもっとも有力な敵のアジトに関する情報を得る。

良太郎と鈴木刑事は、清掃員になりすまして、アジトの建物に潜入。
そこにははぐれイマジンのネガタロスと、全国指名手配の黒木がいた。
ネガタロスの目的はイマジン、ファンガイア、犯罪者の人間が手を組んだ悪の組織“ネガタロス軍団「仮」”の結成すること。
そこにはなぜか侑斗の姿も…。
良太郎と鈴木刑事は得た情報を報告するためデンライナー署へ戻る。

真夜中、鈴木刑事はネガタロスと組んだ黒木を捕まえるため、敵のアジトに乗り込むが、逆にネガタロスに見つかり捕まってしまう。
潜入捜査してた侑斗が鈴木刑事を助けにいくが、監禁部屋の入り口はセーラ(黒木の右腕的存在で、金髪の外国人女性)が見張ってた。
ウラタロスが侑斗に憑依して、セーラを口説き始める。
ウラタロス侑斗がセーラからこっそり武器を取り上げようとするがバレて戦闘に突入。
食事をしてた黒木が席を離れたため、潜入捜査のデネブが酔ったフリをして黒木の服にワインをこぼし、さらにチャイナドレスのウェイトレスに扮したナオミも運んでた食事をこぼして足止めしようとするが振り切られる。
侑斗はセーラを監禁部屋から遠ざけるため逃走して、黒木も侑斗を追おうとするが、黒木はキンタロス良太郎が相手になる。
ネガタロスが建物を爆破させて片付けようとするが、良太郎たちはギリギリで脱出に成功。

無事全員が生還したが、鈴木刑事のスタンドプレーに怒るモモタロスたち…。
鈴木刑事は皆に謝り、はやく手柄をあげて、亡き父親のような立派な刑事になりたかったことを話す。
父親の形見、腕時計のベルトが切れて床に落ち壊れる。

ネガタロス、黒木たちは、世界征服の手始めとして国会議事堂を狙うが、良太郎と侑斗が立ちはだかる。
かなり強引でムリがあるが、良太郎たちとネガタロス軍団はデンライナーとゼロライナーで廃工場に運ばれる。
戦いの舞台を廃工場に移し、ネガタロスのイマジン+ファンガイア混成軍団と、黒木のヤクザ軍団が二手にわかれる。
ネガタロスたちは、電王、ゼロノス、モモ、ウラ、キン、リュウタロスが戦い、黒木たちは鈴木刑事とコハナが戦う。

電王ソードフォームはネガタロスが変身したネガ電王に、ウラ、キン、リュウタロスはファンガイアに苦戦。
電王はモモ、ウラ、キン、リュウタロスが交代でフォームチェンジするが、ネガ電王のほうが何枚も上手。
ゼロノスはネガタロスの配下、クラウンイマジンと対決。
ゼロノスは遅れてきたデネブとベガフォームにチェンジしてイマジンを撃破。
さらにベガフォームは、モモ、ウラ、キンタロスが戦うファンガイアたちも一掃。
電王ガンフォームはネガ電王に苦戦するが、そこへ思わぬ助っ人、仮面ライダーキバがバイクで参上。
モモタロスたち4タロスが揃い、電王はクライマックスフォームにチェンジ。
電王とキバのダブルライダーキックでネガ電王を吹っ飛ばす。
ネガ電王はネガデンライナーで逃走したため、デンライナーとゼロライナーが追う。
激しい電車戦の中、キバとキャッスルドランも参戦して、ネガ電王とネガデンライナーを撃破。

黒木は拳銃を持ってたが、コハナがそれを上回る武器、バズーカー砲をぶっ放つ。
鈴木刑事は黒木とタイマン勝負、コハナはセーラと残りの雑魚を引き受ける。
コハナは(ワイヤーアクションによる)華麗な蹴りわざで雑魚どもを蹴散らし、こちらもセーラとのタイマン勝負。
鉄パイプを握ったコハナと刀剣を握ったセーラの対決はコハナの勝利。
鈴木刑事は泥だらけになりながらも、被疑者・黒木誠也を確保。

刑事・鈴木一哉は生前に父親を殉職で亡くして会ったことがなかったが、デカ長の計らいで22年前へ連れて行かれる。
1986年、女連れの紅音也に職務質問をする刑事と、それを遠くで見つめる鈴木一哉。
その刑事の腕には、一哉が持ってた腕時計と同じモノが…。
そう、一哉の父親、鈴木一馬だった。

事件は解決しデンライナー署解散かと思われたが…。

デンライナー署出動だぁー!!
バイクに乗って現れたモモタロス良太郎が逃走車を追跡!!



posted by ひかわなる at 08:21| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13999069

この記事へのトラックバック

『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』
Excerpt: 『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』ネタバレだから、未見は注意!!デンライナー署出動だぁー!! バイクに乗って現れたモモタロス良太郎は銀行強盗の逃走車を追跡、片手でショットガンをぶっ放す。 ..
Weblog: 裏めしや丼(アニ専)
Tracked: 2008-04-14 18:53
LuxuryMail マクロミルへ登録