2008年03月08日

『仮面ライダーキバ」第5話「二重奏・ストーカーパニック」

2008年
渡がお化け太郎を返上するため、近所の方々を集めて開かれたバイオリンのコンサート。
しかし渡が緊張して本来の実力を出し切れず失敗に終わる。
渡は精神面で強くしたいと名護を頼り、そして弟子入りする。
名護は渡に恵を見張るように指示する。
1986年
ゆりが働くカフェで、音也がお店に入るなりナンパを開始。
ゆりが音也を追い出そうとすると、客の次狼(斬鬼サン)が音也の腕を掴んで追い出す。
次狼がカフェのマスターにまずいコーヒーに金は払わないと言い切り、マスターがその挑戦に受けて立つ。
次狼がコーヒーを飲み終わると、釣りは要らないと壱萬円を置いてく。
2008年
渡が恵を見張ってると、同じく恵を見張る男と鉢合わせする。
その男、昇もまた名護の指示で恵を見張ってたのだという。
昇が渡に恵の控え室から、携帯を持ってくるよう指示する。
渡が控え室で物色してたら、恵に現場を押えられる。
渡が洗いざらい白状したため、恵が名護に猛抗議する。
渡は恵の監視が本人にバレたうえ、昇が名護と無関係だと知り、落ち込む。
1986年
ゆりのまえで、音也と次狼が大ゲンカ。
ゆりはケンカする二人を残して立ち去り、一人で歩いてたら、スパイダーファンガイアのクモの巣に捕まる。
2008年
渡がふたたび恵を見張ってると、恵のまえにファンを名乗る男、昇が現れてサインを求めてくる。
じつは昇はシープファンガイアで、恵に襲い掛かる。
渡はキバに変身して、ガルルフォームで戦いに挑むが、シープファンガイアがクロックアップするため、そのスピードについていけない。
そんなキバのまえに名護が現れて、イクサに変身するのかしないのか?
1986年
ゆりがスパイダーファンガイアに連れ去られ…
2008年
恵がシープファンガイアに連れ去られる。


今週の感想
スパイダーファンガイアって第一話の敵だわね。
次狼さん、コーヒーに壱萬円は払いすぎやろぉー。
次狼さん、もっと音也を懲らしめてください!!
『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事(デカ)』のCMにびっくらこいた(死語)

posted by ひかわなる at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12057099

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録