2008年02月20日

『仮面ライダーキバ』第4話「夢想・ワイルドブルー」

知れば知るほど父、音也があまりにもヒドイ人間なんで凹んでる紅渡が、名護に相談を持ち掛ける。
そんな二人のまえに手配犯の男が現れるが、名護に取り押さえられる。
その手配犯もまた、音也にヒドイ目に遭わされた被害者だったンで、渡が土下座して謝る。
渡は、音也の被害にあったヒトたちに何かをしなくては…ということで、被害者の方々の仕事を手伝う。
被害者の方々は音也のことを許そうとするが、弁護士の綾だけは音也を許すことができない。
弁護士の綾がモスファンガイアに姿を変えて、音也の被害者たちを襲い始める。
ファンガイアの出現を感じた渡がキバに変身して、モスファンガイアのもとへ急行する。
そして恒例となったライダーと怪人のバトル突入するが、そこで新たな事実が…
そう、先週の第3話、放送開始から9分後に、紅音也から「やっと見つけた!オレの女神♪」と声を掛けられた女性が、じつはのちの弁護士の綾であり、今回キバの対戦相手、モスファンガイア。
綾は、音也と運命的な出会いをするが、数十秒後にはフラれ、乙女心を傷つけられた。
彼女もまた音也の不幸な被害者だった…。
衝撃の事実を知り呆然とするキバに、モスファンガイアは容赦なく攻撃を仕掛ける。
苦戦するキバだったが、シャバの空気を吸いにきたガルルのチカラを借りて、ガルルフォームにチェンジ!!
最後は必殺技・ガルル・ハウリングスラッシュでモスファンガイアを撃破する。


さて今週の感想ですが…
音也ってファンガイアよりも罪深い奴だ凸(●`ー´●)プンプン

白鳥百合子さんは所属してた事務所を離れたそうです。
また「ゼロ」からのスタートだそうで、私はこれからも応援していきたいと思います!!

posted by ひかわなる at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11193802

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録