2008年02月03日

『仮面ライダーキバ』第2話「組曲・親子のバイオリン」

2008年
渡が留守中に、静香がお客から壊れたバイオリン修理の依頼を受ける。

1986年
バイオリニストばかり襲うファンガイア出現。
ファンガイアハンターチームのボス・嶋の命令で、ゆりは次の被害者になる可能性の高い女性バイオリニスト・ひとみの警護につく。
ひとみを訪ねたゆりは、音也と偶然の再会する。
音也はかつて天才バイオリニストで、現在はひとみの専属コーチだ。
ひとみがコンサートのあと、楽屋から姿を消す。
ゆりは公園でバイオリンを弾くひとみを発見するが、じつはひとみこそがバイオリニストを襲ってたファンガイアだった。
ゆりと、それまでひとみの姿をしていたオクトパスファンガイアが戦う。
音也が戦いに割り込んでくるが相手にされない。
ゆりはオクトパスファンガイアが持っていたバイオリンを破壊するが逃げられてしまう。
音也がゆりからこっそり武器を奪い、オクトパスファンガイアに戦いを挑むが、またしても逃げられてしまう。

2008年
ひとみが渡に修理依頼してたバイオリンを受け取りに来る。
渡はひとみの外見(キレイなとこ)しかみてないが、キバットバットIII世がひとみに異様なものを感じ取る。

ひとみが修理されたバイオリンの音色で、ゆりの娘、恵を惹き寄せて襲い掛かろうとするが、仮面ライダーキバとキバットバットIII世に邪魔される。
仮面ライダーキバが必殺技「ダークネスムーンブレイク」でオクトパスファンガイアを撃破する。
オクトパスファンガイアの魂は、キャッスルドランがパックリと飲み込む。
そんなキャッスルドランの中では3人の男たちが…。


<今週の感想>
「チェックメイトっ!!」
ちょこっとだけど斬鬼さん登場っすね。
コーヒー飲みながらチェスする姿が格好良いです。

渡る世間は…。
未遂だけど、のこぎりで切って看板やテーブルを勝手に持ち去ろうとするのは良くないよ!!

本日のゲスト、ひとみ役の梅宮万紗子さんは、梅宮辰夫の“姪”で、梅宮アンナと“従姉妹”で、高橋克典と“はとこ”っす!!
「仮面ライダー響鬼」では、「たちばな」の地下室で音撃武器やディスクアニマルの開発をしてる滝澤みどり役を演じてました。

そういえば昨日は「特命係長 只野仁」が放送されてましたね。
劇場版決定で、エキストラの募集してますっ!!


posted by ひかわなる at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10443808

この記事へのトラックバック
LuxuryMail マクロミルへ登録